adresseline
englishflag Frenchflag Japanflag

白保

neighbourhouse

白保は石垣島の南東に位置する人口1600人余りの村です。石垣新空港からは車で約10分弱で、市街地にも近いけれど、まだまだ石垣とフクギと赤瓦に代表する八重山の佇まいを守っています。


農業、畜産が盛んで、村を散歩しているとサトウキビ畑を通り抜け、牛やヤギに出くわします。海には世界最大級のアオサンゴの群落があり、西表石垣国立海中公園として保護されています。サンゴ保全の為のWWFジャパンしらほさんご村、村の資源や伝統を守っていくために白保魚湧く海保全協議会が設立され、精力的な活動をされています。


豊年祭をはじめとする村の祭事は圧巻で、確かに文化と伝統を継承している素晴らしい村です。


2010年には世界海垣(いんかち)サミットが開催され、2012年には努力と活動が認められ、「沖縄、ふるさと100選」として認定されました。


おじい、おばあ、子供が元気!!市街地のような便利さはありませんが、今も八重山の人々の暮らしを体験したい方には最高のロケーションです。


shirahobanana shiraholagoon shirahomatsuri